不妊症

不妊症とは正気なカップル生活があるにもかかわらず、

2年以内に妊娠しない立場をいいます。

不妊症の理由が絶えず女側にあるとは限りません。

おとこ側に難問のあるときもあります。

統計的には、女子側に理由があるときが5割

おとこ側のときが3割といわれています。

その他、きっかけのはっきりしないものも2割程度あります。

不妊

おとこ側がきっかけのときは

精子に課題がある実例がもっぱらです。

精子の値が少数、精子が不在、精子の生命力がないなどです。

医療施設で精液検査をしてもらえばすぐにわかるでしょう。

女が理由のときはたくさんなことが考えられますので

理由を特定するには、一個ずつ調べていかなければなりません。

女側が理由のときには、次項のような実例があげられます。

排卵障害正しく排卵が出来ていない境遇です。

不妊

無月経のときもあります。

卵管因子何らかの理由で卵管が詰まってしまったり

近所に癒着が起こったりしていて、妊娠が成立しない境遇です。

子宮因子子宮内部に何らかの異変があり

妊娠が成立しにくい境遇をいいます。

子宮筋腫やポリープ、子宮奇形などがあげられます。

子宮内膜症子宮の内膜に何らかの異常がみられる沙汰をいいます。

女子不妊の理由として割に大きな比率を占めていて

不妊

年ごとに増加動向にあるようです。

また、きっかけが一個だけでなく、

いくつかの動機が重なって不妊となっていることもあります。

不妊の治療を行う際にはこれらの病理を特定して

それにあった治療を行うことになります。