不妊治療

不妊治療は根本的に保険適応外です。

なので、受ける検査や治療は、

根本的に自分負担になります。

妊娠・出産をするために、数百万使ったなんて話も聞きますよね。

そして、自費検査であるということは、

かかる医療施設によっても自費が変わってくるということになります。

血液検査は内訳にもよりますが

1万円かからないことが多いようです。

タイミング法保険適応になります。

赤ちゃん

どこの診療機関でも同一の利用料金になります。

人工授精1万~3万程度が多いです。

体外受精30万くらいが多いようです。

2回目は1回目より安くなることが多いです。

3回目になるとさらに安くなることが多いです。

顕微受精40万くらいが多いようです。

体外受精と同じく、回数を重ねれば少しずつ安くなることが多いです。

また、受精卵を凍結保存するにも10万円ほどかかるようです。

赤ちゃん

不妊治療は、頻度を重ねれば、重ねるほど

そのコストは膨大になっていきます。

カップルのぜに的負担はバカでかいです。

この出費の負担が苦しくて、

妊娠をあきらめるカップルもいることでしょう。

先立つ物を貯めてから、

またチャレンジするなんて台詞も聞いたことがあります。

すでに、このところでは

不妊治療に対して助成金が出るようになりました。

 

赤ちゃん

収入制限もありますし

地方自治体によっても違いますが

庶子を授かりたい方の強い味方と言えるでしょう。

助成金の申請を検討するとき

まずは、お住まいの役所の

ウェブサイトで助成構造を確認する必要があります。

これから不妊治療を受けようと思っている方は、

一体どんなことをするのか心ぼそいだと思います。

不妊の検査にはどんなものがあるのでしょうか

赤ちゃん

最初に、産婦人科に行ったとき、問診票に記入します。

婦人科の問診票は、口ではとても言えないようなことを

記入するようになっています。それから、

診察や内診に入ります。不妊治療で婦人科にかかるときは

前もって基礎体温を付けるようにした方がいいです。

付けていなくても、付けるように指導されるでしょう。

検査の内容は個々によって違うとは思いますが

赤ちゃん

次のような検査があります。

経膣超音波検査子宮の状態をみます。
膣分泌物検査感染の有無を調べます。

ホルモン検査血液を採取し、エストロゲンや

プロラクチン、プロゲステロンなどの検査を行います。

抗クラミジア抗体検査過去にクラミジアに

かかったことがあるかどうかを調べます。

子宮頸管粘液検査おりものの状態をみます。

子宮卵管造影検査子宮や卵管の状態をみる検査ですが

赤ちゃん

卵管の通過具合も調べます。

卵管通気・通水検査

卵管が詰まっていないかを調べます。

子宮内膜組織検査

内膜の一部を採取し、異常がないか調べます。

抗精子抗体検査精子に対する抗体が出来ていないかを調べます。

ヒューナーテスト性交後の精子の進入具合を調べる検査です。

精液検査男性不妊が疑われる場合に実施します。

精子の数や、運動量などをみます。

以上が普通的な検査です。ときによっては

他に精密検査をすることもあるでしょう。