年増女

年増女になると妊娠しにくくなるといいます。

そもそも不妊と年寄りにはどういう関係があるのでしょうか。

シルバー出産とは35歳以上をいいますが、

35歳を過ぎる年増女が突然不妊になるわけではありませんよね。

晩婚化が進む昨今では、シルバー出産もめずらしくありませんし

大部分の機会は無事にはつらつとな赤子が産まれています。

年増女の高齢と不妊が全く関係ないのかというとそうともいい切れません。

女

としごろが上がるにつれて、卵巣の機能は衰える特性にあるといわれています。

それに合わせて卵子も老化していくようです。

なので、田島のように肉体的条件で結構な大きさの卵子を排出出来なかったりするのです。

また、男ができても受精してもうまく着床出来ないときもあります。

それに、としごろが上がると年増女にはリスクが

若い女に走るリスクがリスクがリスクが

女

さまざまな子宮筋腫やポリープなどの婦人科的な病気も多くなります。

ホルモンの量の低下なども発端の一個でしょう

30歳を過ぎた年増女が

妊娠するための機能が着実に低下していくといわれています。

以上のようなことが不妊に繋がることにもなるのです。

としごろを重ねるにつれて、冷えに悩まされる女も増えていく特性にありますが、

血流が悪くなることも不妊に繋がります。

女

さらに、40歳以上の母堂の流産率は20代の母堂に比べると

2から3倍は増えるといわれています。

しかも、妊娠中毒症になるできる特質も20代に比べると2倍に増えるそうです。

ある人各人のチャンスがあるとは思いますが、

なるべく青年期のうちに妊娠・出産をした方が良いかもしれませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です