乳飲み子目覚まし時計

 

乳飲み子が夜泣きをしてしまう病理の個に

睡眠の律動がまだ整っていない事が挙げられています。

乳飲み子は御母様のおなかのうちで

昼夜関係なく生活していました。

好き放題な時に起きて

 

御母様のおなかを蹴ったりしてびっくりさせた事もあったでしょう。

なのでまずは乳飲み子に昼は起きて夜中は眠るといった

睡眠のメリハリを誤りなく作ってあげる事が金科玉条です。

具体的なアプローチとしては

まず初めに早朝は必ず決まった一刻に乳飲み子を起こしてあげて

暗幕を開け、陽のともしびを浴びさせるようにします。

気候が良かったら抱っこしたまま

ベランダなどの屋外に出てあげれば

 

ますますの力を発揮する的で

乳飲み子もゴキゲンになるはずです。

起きるせつなは、そのファミリーによって

多様でしょうが母になり乳首が黒くなり黒ずみをケアできるシーオーメディカルのホスピピュアを通販購入しようと思います

乳首を見るたびにイライラが止まらない落ちつて怒りを抑えて

出来れば6時~7時半くらいの時間にして下さい。

これで、乳飲み子の1日の肉体目覚まし時計がリセットされます。

お昼寝は、15時までには済ませるようにしましょう。

 

それ以上遅くなると

当面は夜間の寝る時限に影響してきます。

夜間寝る時点は、夜間の8時~9時半までが手本的です。

和室は暗くして眠る時は暗いのだと

乳飲み子に教えてあげるようにしましょう。

ちなみに乳飲み子の脳細胞や肉体の成長を促してくれる

成長ホルモンは夜間の9時~12時の間に

活動的に分泌されています。

この時限帯に乳飲み子が起きていては

成長にも悪条件をきたしてしまいますので注意して下さいね。

その日その日トントン生活の音楽的リズムで

過ごす事によって乳飲み子の肉体目覚まし時計の

メリハリも整い夜間はぐっすりと眠ってくれるようになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です